ビル屋上のウレタン防水工事を行いました。

高圧水洗

 屋上ウレタン防水工事に先立ち、表面についた水垢及び高圧水洗機械にて、洗いムラ洗い忘れがない様に入念高圧水洗をいたしました。

※上記写真は、別の作業現場写真です。

不良部補修

 高圧水洗完了後、下地の乾燥を確認後、下地調整完了後シール充填の流れになっております。

 上記写真は、下地処理としましてカチオン系セメント材によりノロ引きを行い、誘発目地には、撤去ウレタンシール充填しました。その後、表面が乾燥をしたらケレン・清掃を上記写真のように行ってまいります。

  土間部分に凸部分がありますと、ウレタン防水工事を行う上で将来的に防水層の破損などが考えられますので、当社は入念にケレン及び清掃を行っていきます。


今回の工事につきまして、当ビルの屋上は既設は土間コンクリート仕上げになっており、防水層は、押えコンクリートの下に熱アスファルト防水層がありました(ドレン周り目視)

 今回は、下地がコンクリート下地ですのでウレタン密着工法で依頼がありました。

 左記写真は、高圧水洗下地調整土間目地シール充填

が終了している状況です。

この時点で注意する点は、下地コンクリートがひび割れている及び欠けている等がある場合は、今回はシール充填下地処理材による充填により対応をしました。

 その後、乾燥を確認した後ケレン及び清掃を行っていきます。

 後々の仕上がりに影響しますので『この程度!』と安易に考えず。全面土間部分立ち上がり部分丹念なケレン掃除を行います。

 今回はこれにて次回へ!