ウレタン防水材補強布完了後より

土間部分1回目塗布

 以前の間部分補強布張り付けが終わり硬化後に、次の工程へと移っていきます。

 上記写真は土間部分ウレタン防水材を塗っているところです。

この時に、当社が気を付けている点といたしましては、補強布ハネの切除不足部分がないか?

補強布の浮きなどは先にウレタンシールウレタン防水材にて塗りつけること、などです。

 他様々な注意点がございますが、中塗り1回目ですので次回の中塗り2回目の塗りつけ作業時点において過度に凹凸がなく、薄く透けている等ない様にすることが望ましいでしょう。

立ち部分1回目塗布

 土間部分ウレタン防水材中塗り1回目塗布をする前に、立ち上がり部分の中塗り1回目を塗りつけていきます。

 当社が気を付けている点といたしましては、補強布のハネ切除不足部分がないか?

塗りつけ土間部分ウレタン防水材の立ち上がり用材料が落ちて凹凸過度なダレなどが無いか?

 他様々な注意点がございますが、中塗り1回目ですので次回の中塗り2回目の塗りつけ作業時点において過度に凹凸がなく、過度なダレ等ない様にすることが望ましいでしょう。

 

 ※上記写真は1回目を塗りつけている写真です。


当日作業といたしましては、土間部分及び立ち上がり部分ウレタン防水材を塗りつけ終了となります。

 終了後土間部分ウレタン防水材乗ることは当日中できませんので硬化後になります。

 

(当社使用メーカー以外では当日硬化し次工程へ進めるメーカーもございます)。

 

この時点での注意点は、

補強布のハネ過度の凹凸がないか?

ウレタン防水材塗りつけ忘れ及びムラがないか?

・ウレタン防水材が適切な量塗布できているか?

 などですが、一連の流れのみの記載とさせていただきましたが上記写真や工程などが全てではなく、まだまだ細かい注意点当社こだわりなどホームページ上では語りつくせない事柄も多分にございますが、それは工事を受注させていただくお客様に懇切丁寧に説明をさせていただきます。

 今回はこれまでです。