その後の屋上防水工事の進行状況は?

通気シートを敷き込み。

  前回の最後に通気シートを敷き込み途中で終了いたしましたが、数日かけて土間部分を敷き込みが終わりました。

 右図をご覧のとおり、土間部分に突起のようなものが出ておりますが、これが下地の脱気をする器具になります。どれにより下地からの水分を空気中に逃がすことができます。

 


土間部分を敷き込み後

 右図を見ていただくとわかりやすいと思います。立ち上がり部分はウレタン防水材を塗りつけ後、補強メッシュを貼り付けます。

 これにより軽微なクラックなどにより、ウレタン防水層が破れないようになります。

 


次は??

 屋上土間に、いよいよ全体的にウレタン防水材を塗りつけていきます。

 全面に均等にローラー・刷毛・鏝などで塗りつけていきます。今回もむらなく均一に塗りつけることができました。

 右図は全体に塗りつけが終わったところです。

 

 


次行程は次回のアップにてお知らせいたします。