集合住宅の塗り替え及び防水工事のご依頼

作業開始屋上より

 ご契約をいただき、順調に外部足場を組み立て完了しました。 

その後、屋上の旧アスファルト防水層を新規工事はウレタン防水層へと施工開始いたしました。 

 右図をご覧いただけるとわかりやすいと思います。ウレタン防水を施工するに当たり、接着性及び旧防水層を仮防水を塗布いたしました。

 


次の工程へ

 ウレタン防水材を塗ります・・・と言いたいところですが! 

 旧防水層は、アスファルト防水層でありました。新規はウレタン防水層です。

 アスファルト防水層への直接ウレタン防水材を塗りつける材料もございますが、今回の工事では、通常のウレタン防水材の使用ですので、直接アスファルト防水層にウレタン材を塗りつけますと接着不良を起こしますので、一度下地との層を絶縁する必要があります。

 当社が使用しておりますのは、通気緩衝シートです。(右図参照)


排水ドレン周りは・・・

 もともとありました、排水ドレンの上より鉛製の改修ドレンを入れ込み、防水層と一体型の層を形成するようにいたしました。

 右図の様に施工いたしますと、他物件にもよくありますが経年によるドレン金物の腐食。現存防水層の経年劣化による破断、などによる。ドレン周辺からの雨漏りなどが軽減される思われます。

 右図→は、改修前の元々ついていたドレン金物です。蓋を取り除いた所、現状かなりが出ており元々あったアスファルト防水層がドレン金物より破断していることがよくご覧でできると思います。


脱気塔設置します。

 この度施工いたしました通気緩衝シートの性能を万全にするために、下地の防水層より上がってきます水蒸気などの蒸気を排気して、膨れを防止をします。

 『もともと、下地に防水層があるのだから蒸気なんて上がってくるわけがない!』などの声が聞こえてくるような気がしますが、下地には接着性向上のため専用のプライマーを塗りましたが、今後数年してこの脱気塔の効果が発揮します。

 旧防水層は、経年劣化しておりアスファルト層の中及びその下にも雨水が入り込んでいると想定するべきです。防水層下はコンクリート土間ですので、挙動になどによるアスファルト層の破裂・細かいひび割れなどから上気してきますので防水層は膨れいずれ雨漏りに発展する可能性があります。



次回は、『工事引き続き』お楽しみに!