外部の縦樋の塗装

外壁にあります。樋

 建物外壁を塗り終わり、残りは外部の樋を塗っていきます。今回は色替えし、ハフや化粧板部分と同じく濃い色で塗っていきます。

 上塗り一回目になりますので、透け塗り斑がなく、塵や綿などの付着がない様にできましたら風がない日を選び塗ります。


乾燥後2回目!

 上塗り1回目塗り終わり乾燥後に2回目を塗っていきます。こちらも、一回目塗装材が乾燥後上塗り2回目を塗りつけていきます、最後の塗装になりますので、より入念に塗り斑また塗り損じが出ないように塗りつけていきます。特に裏側部分重視して塗っていきます

右図参照


*上記の工事にて、外部の塗装は終わり引き続きまして、内部の廊下や外部階段の塗装に入っていきます。

共用廊下塗装開始

 

 共用廊下の鉄部塗装を行っていきます。

 ケレン清掃、をして錆を落とし、細かな格子の根元、支柱の根元裏側など、丁寧にケレン清掃をしていきます。

今回は旧の塗装を取らず錆部分ケレンブラッシングのみです。

 


ケレン掛け

  右図参照

 専用のたわしにより鉄部のがりがりと粗面状態にしていきます。


錆止め塗り

 右図参照

ローラー刷毛にて、塗り斑塗り損じがないように、特に格子の入り隅など透けやすいので丁寧に、刷毛等で塗り込みながらローラーで塗っていきます。


上塗り1回目開始

 

 共用廊下の鉄部塗装の一回目をしていきます。

  ローラー・刷毛等にて塗り損じ塗り斑がない様に、丁寧に塗っていきます。格子内部の入り隅など透けやすいので入念に目視して塗り損じがない様に努めます。


上塗り1回目完了

 右図参照


上塗り2回目開始

 共用廊下の鉄部塗装の2回目をしていきます。

  1回目と同様にローラー・刷毛等にて塗り損じ塗り斑がない様に、格子内部の入り隅など透けやすいので入念に目視して塗り損じがない様に努めます。

 

上塗り2回目完了

右図参照



今回は、これまでの作業となりました。次回もお楽しみに!