集合住宅改修工事2018!

軒天塗装開始

 いよいよ、天井塗装開始していきます。

前日に、高圧水洗を行い乾燥を待ってから塗装を塗り始めます。

右図写真は、塗装施工前です。


天井塗装開始

 各所窓周りや排風器具周りなどは事前塗装養生を行い塗装材が飛散し、汚れない様にしておりその後ローラー刷毛等にて天井部分より塗りつけていきます。

 この時気を付けている点は

 ・入り隅はしっかりとりつけていくこと。

 ・透けなどがない様に塗り付けていくこと。

右図写真は2回目の塗装状況です。

仕上げ塗装になりますので塗り斑塗りつぎスケなどがないか最終的な塗装作業の視認が必要になります。

※上記はバルコニー内部天井部分です。


天上塗装完了

  右写真は、壁も完了しています写真です。

 見切りもしっかりと出ており大変きれいに仕上がっております。全体的に建物も明るい印象になったかとおもいます。


次の作業

 高圧水洗後に乾燥しましたら天井の塗装完了をいたしましたら、続きまして壁の塗装を開始していきます。

 右写真塗装アンダーフィーラーを塗っている状況です。

 

次の作業

 上記の作業を終えましたら、次の工程に行きます。 

 中塗り行います。その後仕上げ塗装を行う上で大変重要になってきますので、透けローラー等の塗りつぎ跡など入念作業にあたっていただきました。

次の作業

 中塗りが終わりましたら、乾燥後仕上げ塗装施工していきます。 この時大変重要になってきますのは、塗り斑塗りつぎスケなどがないか入念確認必要になります。


塗装完了

 塗装作業に当たりフードにしてあります養生ビニールをはがしていき、塗装のカスなどの清掃を行います。  

 これにて壁の塗装作業終了となります。

大変綺麗になり全体的に明るくなった印象がうかがえます。オーナー様も大変綺麗になったとお褒めのお言葉をいただきました。

 


今回はこれにて作業は集合住宅の階下へと移っていきました。

 一連の流れのみの記載とさせていただきましたが上記写真や工程などが全てではなく、まだまだ細かい注意点や当社のこだわりなどホームページ上では語りつくせない事柄も多分にございますが、それは工事を受注させていただくお客様に懇切丁寧に説明をさせていただきます。

 今回はこれまでです。次回もお楽しみに!