集合住宅改修工事2018!

外部塗装部補修開始

 足場組み立て完了しまして、いよいよ塗装部ひび割れ壁のモルタル浮き部(今回は除外項目)の調査を行っていきます。

 順番としましてはPH周りから屋上屋根笠木調査しまして、随時下階へと作業を進行していきます。

 この時当社が特に気を付けている作業内容としましては、

 ・樋後ろなどの、施工しにくい所にひび割れはないか?

 ・サッシ回りやその水切り周辺にひび割れがないか

 ・パネルなどがある場合は。最上部の天端笠木の状態を確認また縦方向の端部の処理の状態の確認。

 っと小さな注目点はいろいろとございますが、今回の特に重要視している点を記載させていただきました。

 

右図写真はペントハウス端部の箱樋裏側のひび割れです。作業のため箱樋は撤去しております。


ダイヤモンドカッター。

 調査が終わりましたら、上層階より随時箇所をひび割れに沿ってベビーサンダーにU型ダイヤモンドカッターにて削っていきます。おおよそ1cmほどの深さに刃を入れていきます。


写真参照


次の作業

 U型ダイヤモンドカッターで削った所を刷毛やワイヤーブラシで清掃後、プライマーを塗りつけていきます。

 プライマー塗りつけて乾燥後ウレタンシーリングを充填していきます。表面はヘラや均しバッカーなどで表面平滑ではなく、表面より5mmほど内部で均します

 当社が気を付ける点は

 ・シーリングは表面より低く内部で均す。

 ・はみ出したシーリングは、そぎ取るか均しておく

 

 上記の作業を終えシーリングが乾燥しましたら次の工程に行きます。 

 次は、U型に削った周りを軽量エポキシ型モルタルにて補修をするために、こちらもプライマー塗ります

 当社が気を付けている点は

 ・塗りつけるときに塗り忘れ箇所や塗り損じがないか

 ・周りに付着したプライマーは刷毛などで伸ばしておく


次の作業

 上記軽量エポキシ型モルタルプライマー塗り、所定の待ち時間内に軽量エポキシ型モルタル鏝等にて壁表面に対して平滑にU型内部に重点的に押さえつけながら充填していきます。

 充填後軽量エポキシ型モルタル硬化しない内に表面凸凹を均していきます。

 当社は軽量エポキシ型モルタルの表面が凸凹していないほうが塗装後の仕上がりが良好であると考えております。

 右図写真は軽量エポキシ型モルタルの隅のほうは刷毛でぼかして補修部を目立たない様にしました。


今回はこれにて当日作業は集合住宅の階下へと移っていきました。

 一連の流れのみの記載とさせていただきましたが上記写真や工程などが全てではなく、まだまだ細かい注意点や当社のこだわりなどホームページ上では語りつくせない事柄も多分にございますが、それは工事を受注させていただくお客様に懇切丁寧に説明をさせていただきます。

 今回はこれまでです。次回もお楽しみに!