集合住宅改修工事2018!

外壁塗装開始

 外壁塗装部の水洗いを開始していきます。

 順番としましてはPH周りから屋上屋根笠木を高圧水洗しまして、随時下階へと作業を進行していきます。

 この時当社が特に気を付けている作業内容としましては、

 ・樋後ろコケや埃入念に高圧水洗すること

 ・サッシ回りやパネル壁には高圧水洗する際には直射しないこと。高圧水洗は減圧してからの水洗とする。

 ・屋上などドレン周りや入り隅部位などの草土は取り除き、入念に高圧水洗をする。

 っと小さな注目点はいろいろとございますが、今回の特に重要視している点を記載させていただきました。

 

右図写真はペントハウス端部の箱樋裏側のひび割れです。作業のため箱樋は撤去しております。


さらに下階へ

  屋上部位及びPHを高圧水洗完了後下階へと随時高圧水洗を行っていきます。

 外壁の塗装面と樋後ろ入念に洗っていきます。

 この時当社が特に気を付けている作業内容としましては、授記でも申し上げましたが、

 ・樋後ろコケや埃入念に高圧水洗すること

 ・サッシ回りパネル壁には高圧水洗する際には直射しないこと。高圧水洗減圧してからの水洗とする

 この時、バルコニー内には住民様の荷物などが置いてある場合がありますので、高圧水洗作業を行うに当たり、事前にお知らせ等を配布しまたお声掛けいたしまして別の場所(お部屋内または廊下)に一時移動をお願いしておくことも重要なことと考えております。

 他社におきましては、存じ上げませんが当社としましては居住者様の荷物は居住者様にお片付けまたは移動のご協力をお願いいたしております。

※上記はバルコニー内部土間です。


右写真はタイル面の目地を洗う高圧水洗となります。細かなコケ・水垢・埃を洗い流すことにより全体的に美観が上がります。


次の作業

 高圧水洗ご、外部塗装面や軒天井などをよく見ますと、コンクリート塗装面がひび割れて内部より爆発しているように見受けられます。(右図参照)

 こちらはコンクリート爆裂及び欠損状態と呼ばれるものです。

 このような、箇所が随所に見られましたので補修工事を行わなければ上からモルタル片が落ちてあわや大惨事に!

 っということになりかねません。

右図写真のように、鉄筋がさび爆裂及び欠損箇所がある場合は、ハツリ取りさびた鉄筋部分をワイヤーブラシなどで発錆部分をできる限り取り除いておきます。

 

 上記の作業を終えましたら、次の工程に行きます。 

 次は補修をするために、プライマー塗ります。このプライマーは錆止め効果もございますので、さび止め塗装入りません。

 この時、鉄筋部分のみを塗らず、周りにも入念にプライマーをぬります


次の作業

  プライマー塗りつけ後乾かないうちにエポキシ系モルタル材充填していきます。

 その後成型をして、周りを刷毛等で段差をなくしていきます。これにて爆裂・欠損箇所補修が完了しました。次の工程は塗装をぬっていきます。

 右図写真は軽量エポキシ型モルタルの隅のほうは刷毛でぼかして補修部を目立たない様にしました。


今回はこれにて当日作業は集合住宅の階下へと移っていきました。

 一連の流れのみの記載とさせていただきましたが上記写真や工程などが全てではなく、まだまだ細かい注意点や当社のこだわりなどホームページ上では語りつくせない事柄も多分にございますが、それは工事を受注させていただくお客様に懇切丁寧に説明をさせていただきます。

 今回はこれまでです。次回もお楽しみに!