屋上より雨漏り発生、既存は・・シート防水

県内某所にて!

 今回の防水工事依頼は3階の居室に雨が漏れ出し屋上の防水工事をやり直してほしいとのご依頼がございました。

右記の写真を見るにあたり、既設の防水種類は塩ビ系シート防水が施工してあり、現在は、15.6年ほど前に改修工事をしてからは修繕や塗り替え等はしておらず、

  • 経年劣化による塩ビシートコーナーなどの浮き
  • 塩ビシートの収縮による切れ
  • 屋上の土間の塩ビシートの下地のセメント材の浮きなど

などが見られました。


屋上の改修工事を開始

 まず最初に既設シートを撤去し、悪く浮いているところを撤去して全面にセメントペーストを塗りつけました。

 右図はその後の処理の写真です。

 接着をよくするように『プライマー』を塗りました。

 


改修工事の種類は?

 今回の改修工事は、当社の施工実績が特に高い『ウレタン防水』にて施工を行ってまいります。

右図はウレタン防水の通気シートと呼ばれるものです。

  • シート裏面にはシールのように接着層がついております。
  • 裏地が湿気を通気させるためにあみだくじのようになっています

 

 


次行程は次回のアップにてお知らせいたします。